故人の想いを大切にする

トピックス

条件がある

拝む

八柱霊園を利用するためには、一定の条件を満たしていないといけません。その条件とは都内に数年以上居住している人などになります。また、民営の霊園やお寺場合は、指定石材店があることもあるので調べることが大事です。

料金の説明

菊の花

南池袋斎場などを利用すること時にはお金が発生します。そのため、発生する金額を把握することも大事です。把握することでいくらの金額を準備する必要があるかを前もって知ることができます。

お墓の引越し

古いお骨は合葬するという方法も

お坊さん

葬儀の後にできるものであるお墓の引越しのときに考えたいのが、全てのお骨を持っていくかどうかということです。お墓に納めてあるお骨を全て新しいお墓に移さなければいけないというわけではなく、たとえば、自分が直接知らないご先祖のお骨は元の墓地や寺院にある合葬墓に移し、親や祖父母など近い身内のお骨のみを引越し先のお墓に移すという方法もあります。 墓地や寺院にある合葬墓は、他の人のお骨と一緒に納められることになり、散骨や直接土に埋葬するなどそのまま土に還すことも多いのですが、寺院や霊園に永代供養してもらえます。 引越しをせずにずっとそこにお墓を持っていたとしても、お骨が入りきらなくなれば古いものから取り出して合葬するのは昔から行われてきたことですから、合葬墓にお骨を移しても何の問題もありません。

省スペースならお墓の価格も安くなる

一部のお骨を合葬にするといった工夫は、引越しにあたっての費用を抑えられるようになります。 広いお墓ほど、区画を使用するための永代使用料が高くなりますし、区画が広ければ墓石に使う石の量が増えて墓石代も高くなります。引っ越すお骨の数が少なければ区画は小さくすみますから、そのぶん費用を抑えられるというわけです。 また、引越し先を永代供養墓や納骨堂、樹木葬などで考えている場合ですと、こうしたタイプのお墓は個人墓、2人用の夫婦墓、家族墓でも納められるお骨は3体か4体というものが主流です。移すお骨の数が多いほど、条件に合ったお墓が見つけにくくなるというケースは少なくありません。 多くの人がお墓を探すときに重視するのが立地、価格、永代供養の有無です。こうした条件を満たすものを見つけるにも、持っていくお骨の数を考えることは重要です。

ピックアップ

行われているところ

焼香

葬儀は故人の自宅やお寺で行われることが一般になっていたのですが、高度成長以降は葬儀会館で行なうことが一般の考えとなっているのです。また、近年の葬儀は身内だけで行なうこともあります。

ナビゲーション