料金の説明

金額や価格の傾向はどのようになっているか

菊の花

南池袋斎場の料金は斎場使用料と式場使用料に分かれています。斎場使用料は、火葬にかかる料金です。火葬や焼き窯に使用する料金であり、10000円から20000円程度かかります。式場使用料は、実際の葬儀に使用する会場代のことです。式場使用料は20万円から30万円程度かかります。自宅で行ったり、市営会館や町営会館で行う場合は、安く済むことがあります。 一般的に葬儀の料金は、斎場の価格もあわせてパック料金で支払うことが多いです。そのため、100万円から200万円程度葬儀社に支払いをしておいてその中に含まれることです。葬儀費用は年々変化しています。昨今では核家族化などの影響もあり家族葬なども増え比較的低価格化しています。

これまでの歴史や変遷について

南池袋斎場などの歴史は古く、古くは神事をすべて行う神聖な場所という意味で使用されていました。現在では、葬儀を行う場所として用いられるのが一般的です。従来では自宅や寺院で行ってきました。ですが戦後、高度経済成長期を経て住宅事情が変化し都市型の集合住宅も多くなってきたり、国民の宗教離れや寺院離れが進んできました。一方で葬儀会社が発展してきたこともあり、南池袋斎場などで葬儀を行うことが一般的になりました。火葬場を併設しているところもありますし、火葬場は市営のところで行うこともあります。 現在では、斎場の規模についても多様化しています。家族だけで行う家族葬を行う小規模なところもありますし、ホールのように何人も収容できるところもあります。